よくあるご質問Q&A

名古屋経理代行サービスに関するよくあるご質問

どんなことを(どこまでの範囲を)お願いできますか?

経理代行サービスとは、記帳代行や給与計算代行、請求書発行など、さまざまな経理事務代行の総称を指します。
お客様からの要望は実に多種多様です。
まずはお客様から寄せられるすべてのお願い事をお聞きし、お客様にとって最適な経理代行サービスをカスタマイズいたします。
イレギュラーなお仕事であってもできる限りご対応させていただいております。
まずはお気軽にお電話ください。

<記帳代行のサービス例>
・お客さまから領収書や請求書などの必要な資料をご送付
・当社使用の会計ソフトにて記帳
・月次試算表などの入力結果をお客様へご送付
・お客様の会社までお伺いして行う「出張経理代行サービス」にも対応

コストはいくらぐらいかかりますか?

お客様に最適なサービスをご提供するために、お客様の現在の経理の状況を実際にお伺いしてお見せいただくことにより、正式なお見積書をお出ししております。
ご参考いただく料金は、こちらからご確認いただけます。
まずはお気軽にお電話ください。

以前からつきあっている税理士がいますが、記帳のみお願いできますか?

今の税理士さんは変えたくないのだけれど、記帳代行をやっていただけないので自社での会計ソフトへの入力が負担になっているとの相談は多数ございます。
弊社では、現在の税理士事務所の業務範囲と重ならない部分のサービスを提供します。
そのため、申告書作成等の税務業務の契約を強要することはありません。
もちろん、トータルコストの観点から税務業務もお受けすることは可能です。

期の途中からでも、決算日が近くても、記帳をお願いできますか?

はい。もちろん可能です。
月次の残高が確定しているところから弊社が会計処理を開始します。
全く記帳ができていない場合は、期の初めからになります。
決算日が近い場合は、至急お電話ください。
緊急対応するためのご相談をさせていただきます。

経理担当者が辞めるので、経理代行をしてほしい。

経理担当者様がお辞めになる時は、経理コストを見直すチャンスともいえます。
中小企業にとっては経理の専門知識を持った人材を確保することが難しい時代になってまいりました。
採用し育成できたとしても退職で振り出しに戻ったりします。
経理のアウトソーシングは、人材確保・育成のストレスから解放され、コストダウンを見込める有効な手段です。

誰が現在の業務内容を教えればいいのですか?

実際にその業務をなさっていた方がいらっしゃればその方がベストです。
ですが急な退職等でその業務をなさっていた方がいらっしゃらない場合は過去のデータから調査し適切な方法を構築提案いたします。

引継ぎ期間がないのですが大丈夫ですか?

引継ぎ時間があるにこしたことはありませんが、なくても大丈夫です。
私たちは経理の専門家ですので、過去の帳簿関係を見せていただければ推察して貴社に最適な経理業務をご提供できますのでご安心ください。

このたび、会社を設立します。小さな会社でも依頼して大丈夫ですか?

新規設立の際は、経営者はまず売上の基盤を作ることに注力したいとお考えでしょう。
煩わしい経理は外注していただき、経営資源を集中することにご協力させていただきます。
弊社料金体系は、取引量が少ないうちは料金も安く、事業が拡大してきたらそれにあわせて料金の見直しを行うので安心です。
会社の規模に関係なく業務を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

受渡しの方法はどうなりますか?

基本的にはすべて郵送対応になります。
レターパックや宅急便をお使いいただいて受渡しをいたします。
お受取の時期、ご返却の時期はご相談させていただきます。
コピーを送っていただく方法も、原本を送っていただく方法も選択いただけます。

節税対策実施、税務調査立会はしてもらえますか?

はい。もちろん可能です。
ただし、業法上の制約があり併設の税理士事務所との契約にて対応いたします。
弊社のお客様に対してはお値打ち料金にて対応いたします。